信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

スキャニングの品質は確かか

スキャニングサービスを依頼する業者を選ぶときに注目したいスキャニングの品質について、重要性やチェックポイントを紹介します。

文書の電子化によるメリットを得るためには品質を重視すべき

スキャニングサービスを依頼する際にもっとも重視すべきなのが、サービスの品質や工程がきちんと管理されているかどうかです。この点を軽視してしまうと、納品後のウン千枚(あるときはウン万枚)分のイメージデータが「不鮮明だったり、一部が折れていたりでとても使い物にならない!」という事態になりかねません。

「一枚あたりの値段」や「納品スピード」を売りにする業者も多いですが、納品後にやり直しが発生しては意味がありません。高品質なスキャニングデータと電子文書管理ができれば、そうした心配はないと言えます。だからこそ、まずは品質を重視すべきなのです。

スキャニング技術はもちろん管理体制をチェック

文書を電子化する技術はスキャナーの性能にも依存してくるため、業者による差別化は難しい現状です。その中でスキャニングの品質を見極めるには、「品質管理」や「工程管理」がきちんと行なわれているかをチェックするのがポイント!

文書の電子化はただ書類をスキャンするだけだと思っている方も多いですが、仕分けや画像検査、ファイルの命名など意外にもたくさんの工程があります。「出来上がりが希望していた仕様と違う」というトラブルもよくあるため、1つひとつの工程でしっかりとした確認体制がとられている業者を選ぶことが失敗を避ける秘訣。データの管理体制に注目してみてください。

資格保有者が多く技術力の高い業者が安心

スキャニングサービスの品質を見極めるためには、資格保有者が在籍している業者かをチェックするのも有効です。書類の適切な電子保存方法を理解している文書管理のプロフェッショナル「文書情報管理士」が在籍していれば、高い品質が期待できるでしょう。ただ、文書をデータ化するだけでなく、業務を効率化できる仕組みづくりの提案や無駄のない工程でのスピーディーな作業を行なってくれます。

サービス利用者の品質に関する口コミも見ておくと便利

業者のサービスや信頼性をチェックするうえで参考になるのが、利用者の口コミ。自分が依頼する業者以外にもどのような口コミがあるのか見ておくことで、押さえるべきポイントやよくあるトラブルを把握できますよ。文書電子化の品質に関する口コミのうち、良い評価のもとの悪い評価のものをピックアップしたので参考にしてみてください。

良い口コミ

悪い口コミ

文書電子化サービス業者

↑