文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

HOME » 文書電子化サービス選びのポイント

文書電子化サービス選びのポイント

文書の電子化に取り組むにあたり、どんな基準で業者を選ぶべきかをアドバイスします。

電子化はコストやスピードだけでなく、クオリティを評価する

文書の電子化サービスを行っている業者には、いろいろなタイプがあります。どこに依頼しても電子化という目的を一応は達成することはできると思います。

だからといって、単に「安い」とか「早い」とか、「場所が近いから」といった理由で選んではいけません。会社の費用をかけるわけですから、「メリットのある業者に発注すること」「信頼できる業者に発注すること」は、担当者としての責務です。

といっても、スキャニングというのは、そもそもあまり馴染みがなく、体験した人が少ないサービスです。そのため、アドバイスをくれる人も周囲にいなかったりするという方がほとんどだと思います。

というわけで、文書の電子化を進める担当者のために、納品データの品質に直結する「スキャニング技術」の評価ポイントをまとめてみました。

また、自社の情報資産である文書を安心して預けることができるかという「機密保持」についての見方、考え方も解説。さらに、電子化業者が提供する付加サービスや、おすすめのサービス業者の概要や特長についても紹介しています。

具体的な業者選定のお役立ちコンテンツとして活用ください。

 
文書の電子化サービス選びガイド