信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

業務の効率化

文書の電子化で、どれだけ業務が効率化されるのかまとめてみました。

データの検索が簡単になる

スキャニングして電子化した文書に属性情報(検索のためのキーワード)をつけることで、すぐに文書を検索して閲覧できます。「膨大なファイルと格闘していたら、お目当ての書類を探し出すのに貴重な1日を費やしてしまった」というムダな時間の使い方がなくなります。

データの保管・再利用がしやすくなる

スキャニングしてOCRなどで電子データ化した文書は、パソコンを使って二次利用がしやすくなるのも魅力です。過去の文書を埋もれさせてしまうのでなく、貴重な資産として有効に再利用できるようになります。

また、紙のように持ち運ぶ必要がないので移動も楽ですし、どこでも情報の利用が可能。無駄が少なく、中身の濃いワークスタイルが実現できます。

データ共有で組織力が強化される

電子化された文書は、社内の全員がアクセスできるようになります。とくにメリットを発揮するのは、社内のメンバーが地理的・時間的に離れている場合です。たとえば、本社にある契約書を別の拠点にある支社が確認するというケースがあげられます。

文書が電子化されてサーバーに収められていれば、プロジェクトのメンバー全員がインターネットを介して、過去の文書や契約書などをリアルタイムに共有することができます。紙でやり取りするよりも、格段にスピードアップするはずです。

文書電子化で業務プロセスの改善と競争力の向上が

文書というのは、そのほとんどが業務の流れに伴い発生するもので、文書を見直すと業務そのものの非効率性や無駄が見えてくることが少なくありません。すなわち、文書の電子化とは単純に紙を減らすことでなく、会社の業務プロセス、ひいては競争力につながる問題なのです。

これを契機に、文書管理の専門家のコンサルティングを受けて、業務の質と効率のアップを目指してみてはいかがでしょう。

文書電子化サービス業者

↑