信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

文書電子化サービスの選び方ガイド » 文書を電子化するメリット

文書を電子化するメリット

実際にスキャニングを発注する前に、「文書の電子化に伴うメリット」をもう一度確認することをお勧めします。それを知ったうえで電子化に取り組んだほうが、電子化のメリットをもっと活用できるからです。ここでは文書を電子化するメリットを、業務効率のアップ、費用の削減、情報セキュリティの面から説明します。

業務の効率化

文書を電子化して得られるフローやデータ共有の業務効率についてまとめているページです。

文書を電子化すると、キーワードで検索するだけでほしい情報がスピーディに取り出せます。稟議書を電子化して過去の稟議書を検索したり、必要な情報を共有したりと、電子化した文書の活用の可能性は無限大。文章の電子化によって、仕事を劇的にクオリティアップさせることが可能になります。

コストの削減

文書を紙媒体から電子化したらどれくらいコスト削減できるのかを解説しています。

保管スペースが不要になる以外にも、通信費や人件費など諸経費も、節約ができます。自社にあてはめて、社内にあるどの文書の電子化が有効かを考えてみてはいかがでしょう。

セキュリティの強化

文書を電子化した際にセキュリティがどれだけ強化されるか解説しているページです。

電子化された文書を自在に活用して、「業務の効率化」や「コストの削減」を達成するために、セキュリティの知識は必須です。「データを漏らさないセキュリティ」はもちろん、それと並んで重要な「データを守るセキュリティ」についても知っておいてください。

検索性の向上

文書を電子化した際に、どれだけ検索性が向上するかを解説。実際に電子化を導入した企業の事例も紹介しています。

紙文書のままだと、過去の資料を探すために数時間もの時間を使ってしまうことが少なくありません。しかし、データ化した文書であれば、キーワードを打ち込んで検索することが可能です。ただ楽なだけでなく、資料探しや資料整理に費やす時間を大幅にカットできるため、コスト削減にも繋がります。

反対にデメリットは?

文書の電子化におけるデメリットをご紹介。またデメリットを引き起こさないようにするための対策もまとめています。

これまで紙で見ていたものを急にデジタルに切り替えると、なかなか目が慣れずに最初は読みにくさを感じるかもしれません。会社の文書を思い切って電子化する前に、一度どのようなデメリットがあるのか確認しておきましょう。

文書電子化サービス業者

↑