信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

うるるBPO

ここでは、高品質・低コストにこだわった文書の電子化サービスを行っている株式会社うるるBPOについて、サービスの特徴を紹介しています。

ビジネスの合理化・効率化がミッション

うるるBPO_キャプチャー画像

引用元:うるるBPO公式HP
(https://www.uluru-bpo.jp/)

スキャニングやデータ入力サービスを中心に多くの企業をサポートしてきたうるるBPO。平成26年に株式会社うるるBPO事業部の分社化によって設立されました。文書スキャニングサービスを通して、ビジネスにおける合理化・効率化を実現することをモットーにしています。

うるるBPOの特徴と費用

特徴
  • 60台のスキャナ機器を使ってスピーディーに電子化
  • 文書情報管理士資格を取得
  • プライバシーマーク取得
費用 A4・1枚あたり4円~

うるるBPOの3つのおすすめポイント

最適なスキャニングプランを提案

電子化する際の保存形式や解像度など企業の要望に合わせて、スタッフが最適なスキャニングプランを提案してくれます。プランのメリットやデメリット、コストをできる限りカットする方法などを詳しく説明。うるるBPOでは文書情報管理士資格を取得しているスタッフが在籍しており、依頼した仕様書どおりに作業してくれます。プライバシーマーク取得だけでなく、セキュリティマネジメントシステムの認定を受けているのが信頼できる企業の証。そのため、社内データを安心して預けることか可能です。

スキャニング実績が豊富

うるるBPOがこれまでに請け負ってきたスキャニングは、約3,900社・18,000件以上。その豊富な経験を生かしてスキャニングの設備や技術、作業オペレーションを独自に工夫して、価格は安く、品質も高いスキャニングサービスを実現しています。一般書類はもちろん書籍や図面・製図などの大判、写真やフィルム、マイクロフィルム、楽譜や絵画、アンケートなどの幅広い種類のスキャニングが可能です。

リーズナブルな価格で電子化・データ入力できる

また、東京にある本社に60台の各種スキャナや複合機などを置き、熟練のオペレーターが常駐しているため、短い納期でも対応できるところが強み。急いで電子化したい場合は、特急でスキャニングをしてくれます。ホームページには電子化する文書の種類やページ数、スキャニングの方法ごとの、料金の目安を掲載。「原本状態」「量・納期」「仕様」など、料金の算出方法も詳しく説明されています。ただし、うるるBPOではスキャニングの最低料金が50,000円となっており、金額がそれに満たない場合は一律50,000円になってしまうので、注意が必要です。

うるるBPOの基本情報

会社名 株式会社うるるBPO
本社 東京都中央区晴海3-12-1 KDX晴海ビル9F
設立 平成26年10月
業種 データ入力サービスやスキャニングサービス、各種施工サービス、BPOサービス
従業員数 35名
取得資格
  • プライバシーマーク取得(2008年)
  • ISO/IE27001(2005年)

文書電子化サービス業者

↑