信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

川又感光社

大判・大型製本図面を専門的に扱い、スキャニングサービスを提供している川又感光社について紹介しています。

大型図面を得意とするスキャン専門業者

川又感光社_キャプチャー画像
引用元:川又感光社公式HP(http://www.k-kawamata.co.jp/)

川又感光社は茨城県で図面スキャンを専門に行なっている会社です。昭和36年創業で官公庁や大手製造・土木建築業者を中心に、図面のスキャンサービスを提供しています。最新の技術を用いた、原稿を傷めることなくスピーディーなスキャンが得意。TIFF・JPEG・PDF化した電子書籍データへ変換してくれます。

川又感光社の特徴と費用

特徴
  • 大判・大型製本図面に対応できる特殊スキャナーを採用
  • あらゆる大きさの書類に対応できる最新スキャナーを各種用意
  • 自治体や大手企業から信頼の厚い創業50年以上の実績
費用 A3以下・1枚当たり100円

川又感光社の3つのおすすめポイント

大判・大型製本図面に特化したスキャニング

大型図面や製本図面を裁断せずに電子化できます。製本図面に特化した大型スキャナーを導入して、素早くデータ化。1枚の原稿につきわずか0.4秒の高速スキャンを実現しています。原稿を裏返すことなくスキャンできるため、大切な原稿を傷めにくいという特徴も。原稿台に図面を強く押し付けないので、大切に扱ってほしい原稿のスキャニングに向いている会社です。

一度のスキャンで複数の保存形式を作成

白黒やグレー、カラーの選択やJPEG・カラーTIFF・モノクロTIFF・PDF・ビットマップなどの保存形式を一度のスキャン作業で複数制作できます。一気に行なうことでスピーディーなだけでなく大幅なコストダウンも実現。解像度や拡張子によって金額が変わることもありません。データの利用環境に合わせて活用しやすい形式を選べます。

お得な金額で受けられるオプションサービス

スキャニングと同時に行なえるオプション作業も充実しています。A1サイズでスキャンしたデータをA0サイズに変換するA0合成や、複数のデータをページ化して一つのファイルにまとめるマルチページ、スキャンしたデータを印刷して製本化するサービスなどさまざま。事務所や倉庫に保管している大量の図面を一括で処理する場合は、特別料金で見積もりしてくれます。

川又感光社が選ばれる理由

大判製本図面スキャンサービス

川又感光社の電子化サービスの魅力は、大判・大型製本図面でも断裁せず、スピーディーにスキャンできることです。特殊な大型スキャナーを導入しているため、大切な原本にダメージを与えることなく、JPEG・TIFF・PDF・BMPという複数のファイル形式にデータ化できます。

たった0.4秒でできる高速スキャニング

川又感光社が導入している大型スキャンは、原稿台の上部に装備されたレンズで、瞬間的にスキャンをするタイプ。A1サイズの原稿を、たったの0.4秒でスキャニングができます。従来のタイプは40秒近く時間がかかっていたので、大幅な時短作業で納品することが可能です。

原稿を傷めず美しい仕上がりに

一般的なスキャナーは、原稿を伏せてスキャンニングを行います。しかしこちらの大型スキャナーは、上部にレンズがあるので原稿を裏返す必要がありません。原稿台に製本図面を上向きにのせて、製本自体は動かさずにページをめくっていくだけ。貴重な原稿にダメージを与えることなく、作業を遂行できます。

分厚い製本の場合は、中心部分の焦点が合いにくく、仕上がりが黒っぽくなったりぼやけたりしてしまいがち。しかし、こちらのスキャナーの焦点深度は13cmあるので、分厚い製本のスキャンでも、シャープに美しくデータ化してくれます。

データ出力の効率化

従来タイプのスキャナーは、用途に応じて複数回スキャンする必要がありました。しかし川又感光社の大判製本図面スキャナーは、一度のスキャンでカラー・モノクロ・グレーなどの色使いや、JPEG・TIFF・PDF・ビットマップという複数のフォーマットへデータ作成することが可能。さらに、解像度も300dpiまで対応しています。

あらゆるニーズに対応できる体制

川又感光社では、製本図面に特化した大判スキャナーをはじめ、大判図面読み取りのフラッドベッドスキャナー、高い解像度が可能なスキャナーなどがそろっています。

そのほかにもマイクロフィルムからのスキャンや、両面原稿や劣化した図面なども柔軟に対応しているのです。例えば、虫食いや破れなどの損傷ある原稿に対して、裏打ち補修を行ってからスキャニングをする、などが挙げられます。

文書化したい原稿やその量、保存形式や解像度など詳しくヒヤリングをしてから見積もりされるので、まずは問い合わせてみましょう。

経験と実績が豊富

川又感光社は、1961年(昭和36年)に茨木県の水戸市で創業した老舗企業。半世紀以上にわたりコピー業務や、ドキュメント管理業務の実績を積み重ねてきました。現在は本社以外に茨城県内3ヵ所、福島県内2カ所で事業を展開するほど、規模が大きくなっています。

請け負う企業は、地元の建築業者や土木建築業者をはじめ、大手製造業や官公庁などがあり、信頼性の高さがうかがえるでしょう。時代の流れを一歩リードした文書、情報処理システムで、顧客企業の経営戦略をサポートします。

川又感光社の導入事例

H市役所 資産税課様

導入の理由

課が所有する課税台帳の閲覧を簡素化して、保管スペースの縮小と日常業務の効率化を図るために導入。

導入内容

データの保護と管理は、CD-RとDVD-Rを採用して、安価で大量にできる方法を選びました。日常業務を効率化するために、索引化してデータベース化を実現。XMLを用いて、大量データの中から高速検索が可能になり、スピ―ティ―に仕事ができるようになりました。

建築会社A様

導入の理由

事務所内での図面整理が滞ってきたため、電子化を希望。

導入内容

A1版の観音製本106ページ分を、マルチページデータとリネームによるファイル管理ができるように作成しました。やや急ぎの案件でしたが、希望納期内に電子化データを納品。保存スペースの縮小化と経費を削減して、業務の効率化が図れました。

マンション管理者C様

導入の理由

30年前のマンション製本図面の劣化が進んでいました。今後図面としての役割を果たせなくなる恐れがあったため、保管図面のデータ化を希望。電子化したデータを再製本化して、改修工事の検討もありました。

導入内容

青焼き製本図面の劣化が進み、色あせで見えづらくなっていたので、A1版の観音製本100ページ強を電子化。今後マンションの改修工事の予定もあるとのことで、電子化したデータから製本複製もしました。業者への見積もり図面は電子化、管理者用の図面は製本複製で納品しています。

S大学様

導入の理由

GIS(地理情報システム)の背景に使う、都市計画図の電子化を図るために依頼。

導入内容

川又感光社に在籍する有資格者による座標の補正を実施して、精度の高い電子データを納品しました。

川又感光社の基本情報

会社名 川又感光社
本社 茨城県水戸市五軒町1-5-48
設立 昭和36年創業
業種 印刷、製本
従業員数 公式ホームページに記載なし
取得資格 プライバシーポジション

文書電子化サービス業者

↑