信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

金融業の事例

金融業における文書電子化の事例についてまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

3ヶ月で50万枚の書類を電子化

A社(業種:証券 本社:東京 企業規模:中堅)

クリアファイルにファイリングされていた膨大な「口座開設申込書」約50万枚を電子化するため、文書電子化サービスを導入。3ヶ月間で一気に電子化を行ないました。

得られたメリット

保険申込書の電子化でセキュリティが向上

N社(業種:保険 本社:東京 企業規模:大手)

紙の保険申込書を契約者名などで検索して参照できるようにする必要があったため、文書電子化サービスを導入することに。そして、大量の保険申込書の電子化を行ないました。

得られたメリット

業務のスピード&クオリティアップに貢献

O社(業種:ノンバンク 本社:大阪 企業規模:大手)

金融業は、すべての業務に関わる文書記録の保存が求められます。また、融資関連の文書には企業秘密などが含まれるため、機密を保持した安全で確実な管理を行なう必要も。そのため、O社では社内の文書の電子化によって、より高度な文書管理を目指すことにしたのです。

得られたメリット

出典:経済産業省ウェブサイト(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p04)/[導入編]電子化の導入事例(経済産業省)(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p04)を加工して作成

省スペース・業務効率化に成功

I社(業種:金融業 本社:東京 企業規模:中堅)

業務上膨大な契約書類が生じ、ファンドごとにバインダーでファイリングしていたのですが、書類用キャビネットの量が大量に。書類の整理を行ない、業務効率の向上や省スペースを図るためサービスの導入を決めました。

得られたメリット

文書電子化サービス業者

↑