信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

メーカー・工場の事例

製造業において、コスト削減効果などが上がった文書電子化の導入事例を紹介します。

文書の保管コスト、人件費が激減した

X社(業種:プラント製造 本社:東京 企業規模:大手)

特殊産業機械(プラント)の設計から製造、保守までを行なっており、サービス提供の過程において膨大な文書が発生します。しかも、設計図やプラント製造過程の業務記録、試験検査記録、検査時の部品交換記録などの文書は多くの図面を含むため、デジタル化をするには難しい性質がありました。

その結果、プラントによっては、毎年実施する定期検査の検査記録も含めると保存文書がファイル約200冊に及び、保存スペースも含めた保管コストの増大を招いていました。また、作業負荷も小さくなかったため今まで発生した約50万枚の紙文書の電子化を図りました。

得られたメリット

出典:経済産業省ウェブサイト(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p07)/[導入編]電子化の導入事例(経済産業省)(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p07)を加工して作成

経営の分析にも役立っています

S社(業種:電気機器製造 本社:東京 企業規模:大手)

ファイリング作業や書庫スペースなどの保管費用が大きな課題でした。取引先から受け取る請求書は約7,500枚/月、ダンボール約50箱/年にものぼり、担当者の作業負担が非常に大きなものとなっていたんです。

また、請求書に関して社内外からの問い合わせが多く探すのにも労力がかかっており、「保管作業に携わった担当者以外は探し出せない」という困った状況も発生。請求書の電子化・保存システムを導入に取り組みました。

得られたメリット

自動処理によりエラー率が0.8%に

K社(業種:製造業 本社:広島 企業規模:中堅)

溜まりに溜まったのは、部品などのサプライヤーからの納品書や請求書。その数は年間約10万枚、7年分で約70万枚とも。処分できなかったのは税申告で7年間の保管が義務づけられていたためで、かなりの物理的スペースを占有していたそうです。業務の非効率化を感じており、本社の移転に伴い、電子化を決断しました。

得られたメリット

F社(業種:製造 本社:不明 企業規模:中堅)

取引先から受け取る請求書は月に7,500枚で、年間でダンボール約50箱にも達していました。膨大な量になっていたので、ファイリング作業やスペース確保の大変さはもちろん、保管作業に携わった担当者以外が探し出せない状況になっていたのも課題のひとつ。そうした背景から、請求書の電子化に踏み切りました。

得られたメリット

出典:経済産業省ウェブサイト(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p06)/[導入編]電子化の導入事例(経済産業省)(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p06)を加工して作成

文書電子化サービス業者

↑