信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

通信業の事例

通信業における文書電子化の事例について調査したので、ぜひご覧ください。

稟議書の意思決定が早くなり相乗効果も得られた

D社(業種:通信業 本社:不明 企業規模:大手)

稟議書の意思決定の迅速化を図るため、社内で稟議書の電子化を推進してきました。しかし、添付資料には紙を多く使用しており、どうしても電子化できない部分が…。そういった課題を解決するために、社内全体で電子化システムを導入。部署単位でイメージスキャナを設置し、電子化したファイルは共有フォルダに保存しました。

得られたメリット

出典:経済産業省ウェブサイト(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p09)/[導入編]電子化の導入事例(経済産業省)(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p09)を加工して作成

書類を整理整頓することでコスト削減に成功した

A社(業種:電気通信事業 本社:不明 企業規模:中堅)

オフィス全体の書類をすべて室内保管していましたが保管スペースが手狭に。さらに書類が慢性的に散在している状態でした。そんな中オフィスを移転することになり、大量にある書類をどうするかが課題に。電子化することにより、引っ越し準備の手間も省け、移転先のスペースを確保できるメリットがあったため導入を決めました。

得られたメリット

プリンターの稼働率を減らすことでランニングコストを節約できた

B社(業種:通信 本社:東京 企業規模:大手)

事業の急成長に伴い従業員が増加しました。社員が毎月のように増えていく中で、オフィス内の設備も増設。必要になったときに設置したため、サイズもメーカーも違うプリンターがオフィス内に十数台ある事態になってしまいました。レイアウトを考慮しなかったため、特定のプリンターにだけ出力が集中し、待ち時間や紙詰まりなどのトラブルが増加。通信業らしくすべてを電子化することで業務効率を図るため、文書の電子化を決めました。

得られたメリット

店舗間の意思疎通が円滑になり業務効率が向上した

N社(業種:通信業 本社:岡山 企業規模:中堅)

複数ある店舗の情報共有が課題でした。地域密着型の事業を推進するため多店舗展開を実施。現場単位の対応は向上したものの、店舗間の報連相が疎かになってしまいました。各店舗で得た情報やノウハウを他店舗に共有し、業務効率を上げるために必要文書の電子化を導入。全社で業務改革を実行しました。

得られたメリット

文書電子化サービス業者

↑