信頼できる文書電子化サービス業者3選

品質・スピード・セキュリティが◎
ジェイ・アイ・エム
  • 業界屈指の速さで毎月最大100万枚の書類を電子化
  • 社員全員が文書情報管理士の有資格者で信頼性抜群
  • 出張スキャニングサービスにも迅速に対応
公式HPを見る
スキャン実績が豊富な関西の老舗
宏和
  • スキャニング実績が300社以上
  • すべての作業を自社で実施
公式HPを見る
コンサルから請負までワンストップ対応
うるるBPO
  • 要望に合わせて最適なスキャニングプランを提案
  • 金額や納期の長さなどにより、最大20%ディスカウント
公式HPを見る

文書の電子化でビジネスのコスト&クオリティを革新する

税理・会計事務所の事例

顧客の決算関連データを電子化することで税理・会計事務所が得られるさまざまなメリットについて、導入事例を踏まえて紹介します。

より強固なセキュリティに取り組めるようになった

T社(業種:会計事務所 本社:神奈川 企業規模:中堅)

法的な義務により多量の紙書類を保管しなければいけませんし、顧問先が増えるほど紙書類の保管場所も拡大する必要がありました。

書類には顧問先の経営に関わる重要な情報が詰まっているため、保管場所・管理方法には非常に注意を払う必要があります。しかし事務所内で対応することができず、職員の自宅で金庫に保管することも。そのような状況を改善するために、顧問先の帳票について電子化して保存することにしました。

得られたメリット

顧客満足の向上に繋がっている

Y社(業種:会計事務所 本社:東京 企業規模:中堅)

税理士業務では、「顧客から預かった資料を基に税務申告に必要な資料を作成し、納品する」という一連の業務が紙文書をベースに行なわれていました。

また、納品後も7年間の保管が義務付けられた決算関係書類についてはしかるべきスペースで保管する必要がありますが、そのコストが非常に大きな負担に。

また、決算書類のメインとなる勘定元帳などは、検索を容易にするためインデックスの添付や製本で提供しますが、その作業も非常に負荷がかかっていました。

そこで、「原本保存が必要な紙文書を選別し、原則としてそれ以外の文書すべてを電子化」することにしたのです。

得られたメリット

出典:経済産業省ウェブサイト(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p05)/[導入編]電子化の導入事例(経済産業省)(http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/e-doc/guide/dounyu3.html#p05)を加工して作成

顧問先の問い合わせにも迅速に対応できるようになった

H社(業種:税理士事務所 本社:東京 企業規模:中堅)

顧問先の決算書類などを管理しているのですが、さまざまな書類が膨大な量で保管されているため、管理するスペースを用意しないといけない状態でした。また、顧問先の問い合わせがあったときに担当者が不在の場合、書類の所在が分からないことがあり、対応が遅れてしまうことも。こういった課題を解決するため、書類の電子化に取り組みました。

得られたメリット

電子化で業務効率・工数削減を実現

S社(業種:会計事務所 本社:福岡 企業規模:中堅)

顧問先の適切な税務や資金調達、財務会計などを目的に、品質の高い決算書類の作成支援を行なっています。さらなる対応品質向上を図る必要がありますが、職員一人ひとりに必要なスキルのバラつきを改善することが課題としてあがっていました。また、付帯業務の軽減を行ない本来業務へのシフト化を実現させるため、電子化を導入することにしたのです。

得られたメリット

文書電子化サービス業者

↑